スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

癌と解るまで

目の下が少し腫れている感じでした。
めんぼでもできたのかな?くらいの。

その腫れは、何日建ってもひかなくて。
押しても痛くはないと言います。ただ、硬い感じがする。

病院へ行った方がいいと言うことになり、町の眼科へ!
でも、そこで普通の検査をしただけで、「何処にも異常はありません。
もう少し様子をみて、ダメなら、そこの腫れているところを少し切ってみましょう」
との事。

ちょっと心配だったので、もう少し大きな病院へ行った方がいいと
私達は言いました。
そして、市民病院クラスの病院へ。
その腫れは、日がたつにつれて、大きくなって、顔が・・・


眼科よりも詳しく検査をしましたが、原因不明。
毎日、点滴を打つ、そして飲み薬と目薬。
2週間たっても、何も変わらず、反対に腫れが大きくなっていく。

病院の先生も「他に原因があるのかも。国立に私の知ってる先生がいるから
紹介状を書きますのでそちらで見て貰った方がいい」との事。

家から来るまで40分から1時間かかります。
車が空いていれば、40分弱なんだけどね・・なんせ都会にあるから(;^_^A

国立で、一通り検査をしました。結果
「目はとてもきれいで異常がありません。他の検査をしましょう」
と、全身検査てな感じになりました。

私は仕事をしていたので、妹がいつも母を病院へ連れて行ってました。

1週間後、検査結果を聞きに、母と妹は病院へ。
その日、仕事の休憩に妹から電話がありました。

「癌、なんだって」
と、泣きながら。

頭が真っ白。癌なんて全く疑ってもいなかった。

「間違いじゃないの?まこは?まこも癌と聞いたの?」
と聞くと

「うん、まこも聞いたけど、どうしよう。」

とりあえず、仕事を早退させてもらい、家に帰りました。
スポンサーサイト
[ 2011/12/01 12:11 ] 癌ー抗がん剤治療 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。